【レビュー】ゼノギアス ブリングアーツ ヴェルトール

【レビュー】ゼノギアス ブリングアーツ ヴェルトール

こんばんはslashです。

ブログ投稿用のwindows10が死にまして、愛用のOPPO R15neoからの投稿となっています。

今回2018年6月21日に予約注文していて、本来なら12月31日に到着する予定だったのがなんやかんやで伸びて忘れた頃に到着していたので今回レビューしようと思います。

購入動機


いわずもがなです、ゼノギアス大ファンですもん!

自分のPCにweltallって付けるぐらいゼノギアス好きでっせ!!

むしろプラモとか全然発売してくれなかったから自分でBlenderでモデリングして3Dプリンターで1/144サイズで作ろうとしていたぐらいですよ!!

本当に作ってくれてありがとうございました!!

フェイとかエリィのフィギュアとかは今までに発売されてましたが見送りましました。

メカが好きなもので…、これからもギア系のフィギュアが発売されたら即、予約すると思います。

外観

まぁ、箱の正面はみなさんネットで見てると思うのでふーんぐらいですかね?

箱の側面にはヴェルトールの機体の説明が書いてありますね。

Weltall

The year is 9999.

The Aveh and Kislev nations have been fighting a grueling war for 300 years.

The mainstay of their armies are “Gears,” giant mechanical battle suite excavated from ancient ruins.

Far removed from the war, a young man named Fei lives in peaceful village of Laham.

One day,unknown forces attack the village.

During the fighting, Fei climbs into the cockpit of a mysterious Gear to fend off the attackers. However, he loses control of it and accidentally lays waste to the village he had hoped to save.

This battle suit, know as Weltall, is a replica of Alpha Weltall, which was once piloted by the dreaded Grahf who gripped the world in fear.

Fei’s destiny moves in tandem with this Gear, which, unbeknownst to him,possesses a fearsomepower.

以下翻訳Google翻訳様使用

ウェルトール

9999年

アヴェとキスレヴ諸国は、300年にわたって過酷な戦いを続けてきました。

彼らの軍隊の主力は古代の遺跡から発掘された「ギア」という巨大なメカニカルバトルスイートです。

戦争から遠く離れた、フェイという若者が平和なラハンの村に住んでいます。

ある日、未知の勢力が村を攻撃しました。

戦闘中に、フェイは攻撃者をかわすために神秘的なギアのコックピットに登ります。しかし、彼はそれをコントロールできなくなり、偶然に彼が救いたいと思っていた村に廃棄物を産みます。

ヴェルトールとして知られているこの戦闘スーツは、かつて恐怖で世界を掴んでいた恐ろしいグラーフによって操縦されていたAlpha Weltall(ORヴェルトール)のレプリカです。

フェイの運命は、このギアと並行して動いています。彼は知らないうちに、恐ろしい能力を持っています。

背面もカッコいいです!

感想

いやぁ、カッコいいです!!

箱から出して少しポーズつけたりしましたが、大切なのですぐしまいました。

これゲーム発売当初だったら間違いなく遊んでいたでしょうね(笑)

でも20年経っても出してくれた事に感謝です!!

個人的に全ギア出してほしいぐらいです!!

出たら速攻買います(笑)

ツイッターやってます。 日々最新情報をお届けします!! フォローしてくれるとうれしいです。 https://mobile.twitter.com/slash14588086

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)